カテゴリー
最新情報

おきなわSDGsプラットフォーム

きなわSDGsプラットフォームは「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて私たち一人ひとりが社会課題を自分ごととして捉えそれぞれの立場から各課題の解決に向けて主体的に取り組むことに加え多様な主体が連携して取り組みを進めることを重要としています。
こうした活動を支援する仕組みとして沖縄県内においてSDGsに関連する活動に取り組んでいる又は関心を持っている企業・団体・自治体・個人等の「情報共有」及び「交流・連携」を図る場として「おきなわSDGsプラットフォーム」が創設されてます。
プラットフォームでは会員の皆様の活動を支援するとともに様々な取組の情報を発信することでSDGsの普及啓発やさらなる参画の促進を図ります。

沖縄県ではSDGsの達成に向けた取り組みを行うとともに県民に向けたSDGsの普及活動を行う企業・団体を「おきなわSDGsパートナー」として登録しています。
おきなわSDGsパートナーの登録は以下の項目を満たしSDGsの達成に向けた以下の取組を行っている企業・団体です。

  • 沖縄県内に事務所を有する企業・団体
  • 経済・社会・環境分野について統合的に取り組んでいる。
  • SDGsの取組などをホームページ等で対外的に発信している。
  • 沖縄県を始め様々なステークホルダーと共に全県的なSDGsの展開に向けてSDGsの普及啓発に取り組む予定である。

企業間の連携の重要性
「沖縄21世紀ビジョン」の中でビジョンの実現に向けて「県民との協働」「企業との協働」「市町村との協働」「ユイマールの新たな仕組みづくり」を位置づけ全ての県民が課題と目標を共有しながら取組を進めることが重要であるとしておりパートナーシップに関する位置づけがされています。

ステークホルダーとの連携
沖縄県はSDGs推進の旗振り役として自ら率先してSDGsを推進しながら県民・企業・各種団体等との連携を促進していきます。
SDGsの推進を全県的に展開するため多様なステークホルダーの交流等を促進し連携しながらSDGsを推進する体制を構築します。

》おきなわSDGsプラットフォーム
公式HP→ https://www.okinawa-sdgs.jp/

》スピリットビーイング合同会社
登録証|2023年10月31日登録

おきなわSDGSパートナー|登録証

2022年11月1日(水)
スピリットビーイング合同会社
経営労務監査